ペプチド合成

特長

弊社の実施するペプチド固相合成は、縮合の際にマイクロウェーブを照射して合成を実施いたします。縮合にマイクロウェーブを照射することで、縮合効率、反応時間を劇的に改善し、目的ペプチドを収率良くかつ迅速に得ることが可能となっています。

下記に、Acyl Carrier Protein (ACP) 由来のペプチドをターゲットとして、マイクロウェーブ照射下で固相合成を実施し、切り出した後の未精製状態のペプチドをHPLCにて分析した図を示します。効率的に合成が実施できているため、未精製の段階で高純度のペプチドを得ることが可能となっています。

ACP合成例

仕様

合成量:1~100mg(100mg以上は応相談)
残基数:ご要望にお応えします
純度:90%、95%、98% など
分析データ:MS分析データ、分析HPLC(純度検定)、アミノ酸組成分析
形状:凍結乾燥品

<参考価格表>

  精製純度 >90% 精製純度 >95%
残基数 5 mg 10 mg 20 mg 5 mg 10 mg 20 mg
5~10 45,600 48,000 60,000 48,000 54,000 72,000
15 68,400 72,000 90,000 72,000 81,000 108,000
20 91,200 96,000 120,000 96,000 108,000 144,000

*配列によっては価格に変動がございます。

 

オプションサービス

・アセチル化、アミド化
糖修飾
・ジスルフィド結合形成
・蛍光標識など各種修飾
・Dアミノ酸置換
・キャリアタンパクコンジュゲーション(KLH、OVA、BSA)

 

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

御見積りは、以下の代理店までお問い合わせください

  • 試薬販売
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 蛍光ラベル化単糖組成解析
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • タンパク質品質管理