単糖組成解析

特長

単糖を蛍光基でラベル化し、標準品と比較することでサンプル中の各糖の組成、定量を可能とします。

蛍光ラベル化単糖組成解析

使用する装置構成

装置:ACQUITY UPLC® H-Class (Waters)

カラム:ACQUITY UPLC BEH C18, 2.1 mm x 100 mm (Waters)

 UPLC装置

 

標準品11種を用いた単糖組成解析

 標準品として、ガラクトース (Gal)、マンノース (Man)、グルコース (Glc)、アラビノース (Ara)、リボース (Rib)、キシロース (Xyl)、N-アセチルマンノサミン (ManNAc)、N-アセチルグルコサミン (GlcNAc)、ラムノース (Rha)、フコース (Fuc)、N-アセチルガラクトサミン (GalNAc) を使用いたします。

 

 

標準品13種を用いた単糖組成解析

 標準品として、グルクロン酸 (GlcA)、ガラクツロン酸 (GalA)、ガラクトース (Gal)、マンノース (Man)、グルコース (Glc)、アラビノース (Ara)、リボース (Rib)、キシロース (Xyl)、N-アセチルマンノサミン (ManNAc)、N-アセチルグルコサミン (GlcNAc)、ラムノース (Rha)、フコース (Fuc)、N-アセチルガラクトサミン (GalNAc) を使用いたします。

 

検体の種類・必要量・納期

検体の種類 必要量 ご納期の目安

単糖混合物、オリゴ糖、多糖、糖脂質、糖タンパク質、

糖類を含むその他試料

50 μg~1 mg 3週間程度

報告内容

    1. HPLC データ
    2. 各単糖の組成
    3. 各単糖の定量値
    4. 定量に使用した検量線データ

 

ホームぺージからの

お問い合わせはこちら

直接取引をご希望の方

お電話、ホームページからのお問い合わせ、ご訪問など、承ります。

お問い合わせはこちら

代理店のご利用をご希望の方

代理店を介してのご相談・ご依頼は下記からお願いいたします。

代理店はこちら

  • 試薬販売
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 蛍光ラベル化単糖組成解析
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • タンパク質品質管理