第 39 話 シアル酸とは ~シアル酸の生合成

 第 34 回のコラムからシアル酸を紹介しています。今回のコラムでも引き続きシアル酸に関するお話をします。

 前回までは、糖タンパク質や糖脂質の糖鎖に存在する“モノ”シアル酸や、シアル酸が多数連なった“ポリ”シアル酸について紹介しました。今回のコラムでは、シアル酸の生合成について紹介します。

 下図にシアル酸の生合成について示します(Biochemistry, 2001, 40, 12864)。ManNAc には、GlcNAc からエピメラーゼで 2 位の N-アセチル基が立体反転することで作られるパターンと、細胞が取り込むパターンがあります。この ManNAc の 6 位が、リン酸化、Sialic acid-9-P synthase、Sialic acid-9-P phosphatase の作用を受けることで、 9 炭素からなるシアル酸が生み出されます。9 炭素骨格から作られるのではなく、一見全く骨格の異なるGlcNAc、ManNAc から作られていることに、生合成の凄さを感じます。そして、細胞外から取り込んだ ManNAc を使い、シアル酸が作られる経路を巧みに利用した、糖鎖標識法も開発されています。

 

 弊社では、熟練した技術と豊富な経験、知識を持った研究員による受託解析サービス合成サービスを実施しております。熟練した技術に基づく分析サンプル調製、HPLC質量分析NMR などの機器を駆使することで、種々の目的に応じた解析に対応しています。受託合成においては、蓄積した各種知見、ノウハウなどを駆使し様々なターゲットの合成実績がございます。まずはお気軽に御相談ください。ご予算に応じてベストなご提案をさせていただきます。

 

02

 

筆者プロフィール
naruken
博士(理学)北海道大学大学院理学研究科
専門:糖鎖工学、タンパク質工学、構造解析

 

お問い合わせから受託までの流れ

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

  • 試薬販売
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 蛍光ラベル化単糖組成解析
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • タンパク質品質管理