ジアセチルスペルミジン 解析

尿中のジアセチルスペルミジンを解析

 

 ヒトの体内には4 種類のポリアミンと、そのモノおよびジアセチル体があります。
多価カチオンであるポリアミンは、核酸その他のアニオンとの相互作用を通じて蛋白質合成や核酸合成の過程に影響を与えることが知られておりますが、その生理的機能は多年にわたる研究にも関わらずまだ十分には解明されておりません。しかし活発に増殖する組織にはポリアミンが多量に含まれているだけではなく、そのような組織ではポリアミン代謝が活発であり、また、細胞内レベルも精密に制御されていることから、ポリアミンは細胞増殖およびその制御の過程で重要な役割を果たす物質の一つであると考えられております。
 癌患者において尿中ポリアミン排泄量が増加することは1971 年にRussel によって最初に報告され、それ以後多くの研究が行われてきました。すでに、尿中総ポリアミン量測定キットが開発され一般生化学検査として利用されております。
近年、わずかな量ではありますがN1,N12-ジアセチルスペルミン、N1,N8-ジアセチルスペルミジンという2 種類のジアセチルポリアミンが尿中に排泄されていることが見出されました。健常者の尿中では、これらの成分はそれぞれ総ポリアミンの0.4%、1.2%を占めるにすぎませんが、総ポリアミンと比較して病態の変化をより顕著に示す可能性が報告されています。
 当サービスでは、尿中ジアセチルスペルミジン量をELISA 法により解析いたします。

測定仕様

  • 動物種:ヒト
  • 測定対象:尿 *ヒト細胞株培養液でも実施経験有り
  • 測定に必要なサンプル量:0.5 mL

 

ホームぺージからの

お問い合わせはこちら

  • 高親和性抗体作製受託
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 試薬販売
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • 抗体関連製品