クレアチニン 解析

尿中のクレアチニンを解析

 

 クレアチニンは筋肉内で、クレアチン及びクレアチンリン酸から非酵素的に産生される最終代謝物で、血液を介して腎臓に運ばれた後、尿中に排泄されます。健常人では体内のクレアチン及びクレアチンリン酸全体の一定量 (1-2 %) が毎日排泄されます。従って、尿中クレアチニン排泄量から筋肉量を推定できます。尿中クレアチニン量は他の尿中物質の濃度や検査結果の補正に用いられるほか、尿中クレアチニン検査は、筋疾患や腎臓疾患、腎機能障害の検出にも利用されています。
 当サービスでは、尿中クレアチニン量をELISA 法により解析いたします。

測定仕様

  • 動物種:ヒト
  • 測定対象:尿 *ヒト細胞株培養液でも実施経験有り
  • 測定に必要なサンプル量:0.5 mL

 

ホームぺージからの

お問い合わせはこちら

  • 高親和性抗体作製受託
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 試薬販売
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • 抗体関連製品