抗体医薬開発システム 「QuaDRAD™」

QuaDRAD™

独自の糖鎖テクノロジーが実現した高性能な抗体創薬エンジン

当社は、4つのコア・テクノロジーである「GT-Platform™」

を駆使して、糖ペプチドあるいは抗糖ペプチド抗体による創薬支援を行っております。

当社は、糖鎖によって糖ペプチドの立体構造が劇的に変化することに着目しました。
独自のテクノロジーで、疾患特異的な糖鎖の変化を正確に捉え、該当する糖ペプチドを設計・合成、その糖ペプチドを免疫し、がん細胞だけを攻略する抗体を取得することを可能としました。

この抗体医薬開発システムである「QuaDRAD™」は、自己免疫疾患、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患、糖尿病などの生活習慣病の治療抗体を創ることに応用することができます。

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

1. 抗原の選定

抗原の選定

糖タンパク質をターゲットとした抗体作製においてはホールの糖タンパク質(分子量数万~数十万)を免疫することが少なくありません。当社では天然タンパク質の立体構造を保持した糖タンパク質断片(糖ペプチド:分子量数千)を合成して使用します。これにより、糖タンパク質の中でも特定の部位に絞り込んだ抗体作製が可能となります。
「ターゲット糖タンパク質のうち、どの部分を合成するか?」については、これまでの糖鎖プロファイル解析で得た知見や、糖ペプチドをNMRで立体構造解析した知見などの蓄積から疾患特異的エピトープを効率的に選別することが可能です。

基盤となる当社のテクノロジーは 1. GlycoBlotting法 です。

この技術を活用し、
以下の受託解析も承っております。

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

2. 抗原の設計・合成

抗原の設計・合成

当社は糖ペプチド合成に必要な糖アミノ酸誘導体を製造することが可能です。
これまでの糖鎖プロファイル解析で得た知見や、糖ペプチドをNMRで立体構造解析した知見などの蓄積から疾患特異的エピトープを効率的に選別し、
①まず候補となる糖ペプチドを設計します。
②この設計に基づいて糖ペプチドを合成します。
こうして、疾患特異的エピトープを設計・合成することが可能です。
マイクロ波を活用した迅速ペプチド合成技術と酵素法による糖鎖部分の伸張を合わせることで、難易度の高い糖ペプチドを合成することができます

糖鎖の結合位置による糖ペプチドの立体構造の変化(NMRによる解析)
糖鎖の結合位置による糖ペプチドの立体構造の変化(NMRによる解析)

基盤となる当社のテクノロジーは 2. 糖ペプチド合成 です。

抗原の設計・合成のご要望に応じた以下の受託も承っております。

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

3. 抗原の調整

抗原の調整

抗原にペプチドを使用する免疫の場合、通常はKLHなどのキャリアタンパク質に架橋させて免疫作業を行います。その場合、得られる抗体のほとんどはキャリアタンパク質に対するものであり、僅かに含まれる抗ペプチド抗体を探し出さなければなりませんが、当社の微粒子作製技術では、キャリアタンパク質を使用しないため、ターゲット糖ペプチドに対する抗体を効率良く取得することが可能です

表面を非特異的吸着を抑えるような処理をした金微粒子に抗原を結合させたもので免疫する方法

基盤となる当社のテクノロジーは 3. 微粒子作製技術 です。

これら技術を活用し、
以下の受託合成も承っております。

また、これら技術の産物である
以下の試薬販売も行っております。

ホスホリルコリンリンカー/アミノオキシリンカー

ホスホリルコリンリンカー/アミノオキシリンカー

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

4. 抗体の作製

抗体の作製

当社が保有する技術を用いて合成した疾患特異的な糖ペプチドを免疫することによって、標的に対してピンポイントに命中するモノクローナル抗体を作製することができます。
抗体の作製は、当社資本業務提携先である株式会社トランスジェニックや抗体作製に実績定評のある株式会社免疫生物研究所などで行います。

抗体作製に関しても、当社が一括して受託することが可能です。

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

5. 抗体の評価

抗体の評価

通常、抗ペプチド抗体のスクリーニングは抗原ペプチドを固相化したELISAで行います。固相化に広く使用される物理吸着ではペプチドの向きを制御できず、本来の感度や精度が得られない場合があります。
当社では、微粒子作製技術を応用して糖ペプチドの配向を制御することが可能であり、さらに合成した多数の類似糖ペプチドを固定化したマイクロアレイを用いることで、ハイスループットかつ高感度・高精度なスクリーニングが可能です。

基盤となる当社のテクノロジーは
2. 糖ペプチド合成 および 4. 糖ペプチドアレイ です。


こうして作製した数ある抗体の中から、エピトープマップ解析によって標的を的確に捉えたEd抗体(epitope defined antibodies)を有望なリード抗体候補として選択することができます

さらには、in vitro薬効評価、in vivo動物モデル試験、作用機序の解明など抗体創薬に係る一連のQuaDRAD™サービスを一括して受託および共同研究することが可能です。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

  • 試薬販売
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 蛍光ラベル化単糖組成解析
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • タンパク質品質管理