第9話 実験室で糖鎖を作る ~酵素法

 糖鎖を作る代表的な方法には下記 3 つがあります。
① 化学合成法
② 酵素法
③ 化学酵素法

前回の第 8 回糖鎖コラム「実験室で糖鎖を作る ~化学合成法」で「①化学合成法」による糖鎖合成についてご紹介しました。
今回は、「② 酵素法」の方法についてご紹介いたします。

 糖鎖合成に使用する酵素は、糖転移酵素(糖をつける)と糖加水分解酵素(糖を切る)になります。「第 6 回 糖鎖コラム」でもご紹介しましたが、糖転移酵素は特定の受容体と供与体を認識して糖転移反応を触媒し(下図)、糖分解酵素は特定の基質を分解(切断)する反応を触媒します。すなわち“基質特異性”という構造認識のもとに糖転移、分解を行います。

%e8%bb%a2%e7%a7%bb%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%81%a8%e4%be%9b%e4%b8%8e%e4%bd%93_6

また、酵素は一般的に酵素反応は水溶(緩衝)液温和な条件下で行われることから、不安的な物性を持つ化合物に対しても反応を実施することが可能です。以上のことから、酵素反応の基質となりうる構造を持った物質をデザインしさえすれば、誰が反応を行っても目的物を得ることができます。誰が実施しても同じものが同じ収量で得られるということは、再現性、コストの面から言っても結構重要な要素だとも言えます。そして、糖転移酵素による糖鎖合成では、酵素の特性に従った立体(α、β結合)を100%担保することができます。一方、化学法による糖鎖合成では、技術者の熟練度によって、全く同じ試薬、反応条件、基質を使用しても収率、立体選択性を同等に保つことはかなり厳しいのが現状です。

弊社では、熟練した技術と豊富な経験、知識を持った研究員による受託合成サービスを実施しております。どのような糖鎖でも最適なルートを策定し、低コストかつ高品質の糖鎖を合成いたします。単糖誘導体、糖鎖、糖ペプチドなど様々な糖関連物質の合成に対応していますので、まずはお気軽に御相談ください。

02

 

筆者プロフィール
naruken
博士(理学)北海道大学大学院理学研究科
専門:糖鎖工学、タンパク質工学、構造解析

  • 試薬販売
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 蛍光ラベル化単糖組成解析
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • タンパク質品質管理