糖鎖解析・糖鎖合成 Q&A


糖鎖解析編

見積もり依頼する前に秘密保持契約を結ぶことは可能ですか?
可能です。お客様の重要な機密情報を守る観点から、契約の後、情報を開示していただき見積書を作成いたします。
サンプルはいつ、どのように送付したら良いですか?
サンプルに適した方法(冷蔵、冷凍など)で、平日に弊社に到着するようにお願いいたします。
サンプル数に応じて価格の変動はありますか?
サンプル数の増加に応じて、1サンプルあたりの価格を下げます。n=3で解析したい、多検体を解析したいなど、まずは御相談ください。
質量分析、NMR解析の生スペクトルを納品してもらうことは可能ですか?
可能です。御依頼の際にその旨をお伝えください。
受託解析サービス項目に無いサンプル(生体試料)でも対応可能ですか?
一度御相談ください。サンプルに関する情報をいただいた後に、解析可能かを御連絡させていただきます。
単糖組成解析を依頼する場合、多糖のまま提供しても可能ですか?
可能です。お預かりした多糖を弊社にて酸加水分解で単糖に分解した後、解析に供します。
納期の短縮は可能ですか?
分析業務の状況によって可能な場合もございます。予算の締めなどある場合はあらかじめ御相談ください、可能な限り御対応させていただきます。

糖鎖合成編

見積もり依頼する前に秘密保持契約を結ぶことは可能ですか?
可能です。お客様の重要な機密情報を守る観点から、契約の後、情報を開示していただき見積書を作成いたします。
合成を依頼する際にはどんな情報が必要ですか?
目的化合物の構造式さえあれば問題ございません。蓄積した情報と経験から、最適な合成スキームを作成いたします。
合成スキームは開示してもらえますか?
開示の御要望があれば開示いたします。見積書作成時にその旨をご連絡ください。
品質保証はどのような方法で実施されますか?
化合物の性質にもよりますが、質量分析とHPLC、NMR のいずれか、あるいは組み合わせて行われます。質量分析はMALDI-TOF MS (ABSCIEX 5800 TOF/TOF システム)、LC-ESI MS (Q-Exactive) を使用します。
糖ペプチド合成を依頼する際、ペプチド鎖長はどのくらいまで可能ですか?
立体構造を形成するなど特殊な場合を除き、40残基程度まで対応可能です。弊社では縮合の際にマイクロ波を照射することで反応時間を短縮し、効率的にペプチド合成を実施いたします。
品質保証とは別に報告書も提出してもらえますか?
対応可能です。お客様の御要望に合わせた内容で報告書を作成いたします。

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

  • 試薬販売
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 蛍光ラベル化単糖組成解析
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • タンパク質品質管理