質量分析装置を用いた糖鎖解析

当社はGlycoblotting法を用いて糖タンパク質の糖鎖プロファイルを解析いたします。


特長

Glycoblotting法

化学選択的な糖鎖捕捉反応に基づいて、生体試料由来糖鎖の網羅的かつ定量的なプロファイル取得を大幅に高速化する技術です。生体分子中で糖鎖にのみ存在するアルデヒド基を、ヒドラジド基を有するビーズ (BlotGlyco H、住友ベークライト) で選択的に捕捉し、ビーズ上でメチル化、ラベル交換反応を行うことで、迅速な糖鎖解析を可能とします。この方法によって、ペプチド、脂質、タンパク、DNAなど大量の夾雑物が存在する生体試料から、糖鎖のみを抽出、定量解析することが可能です。

装置

装置 AB SCIEX TOF/TOFTM 5800

AB SCIEX TOF/TOF™ 5800

N型糖鎖解析

解析可能な検体・必要量・納期

検体の種類 必要量 ご納期の目安
血清・血漿(ヒト) 100 µL 2週間
血清・血漿(マウス) 50 µL 2週間
細胞 10 cm dish1枚分 4週間
組織 10 mg 4週間
タンパク質 100 µg 2週間
FFPE切片 1 cm2,3 µm×3 4週間

臨床検体については 、感染症法で定められた特定病原体、およびBSL3以上の検体を受け入れることができません。弊社は国立感染症研究所のBSL分類に準じています。

報告内容

  1. 内部標準による規格化データ一覧(エクセルファイル)
  2. 推定構造一覧
  3. 作業報告書

血清・血漿サンプルの多検体解析の場合、検量線の評価やROC解析によるAUC値の算出が可能です。お申し込みの際に合わせてご相談ください。

O型糖鎖解析

解析可能な検体・必要量・納期

検体の種類 必要量 ご納期の目安
血清・血漿(ヒト) 100 µL 4週間
血清・血漿(マウス) 50 µL 4週間
精製タンパク質 100 µg 4週間

臨床検体については 、感染症法で定められた特定病原体、およびBSL3以上の検体を受け入れることができません。弊社は国立感染症研究所のBSL分類に準じています。

報告内容

  1. 内部標準による規格化データ一覧(エクセルファイル)
  2. 推定構造一覧
  3. 作業報告書

糖脂質

解析可能な検体・必要量・納期

検体の種類 必要量 ご納期の目安
血清・血漿(ヒト) 100 µL 4週間
細胞 10 cm dish1枚分 6週間
組織 10 mg 6週間

臨床検体については 、感染症法で定められた特定病原体、およびBSL3以上の検体を受け入れることができません。弊社は国立感染症研究所のBSL分類に準じています。

報告内容

  1. 内部標準による規格化データ一覧(エクセルファイル)
  2. 推定構造一覧
  3. 作業報告書

ホームぺージからのお問い合わせはこちら

  • 試薬販売
  • 質量分析装置を用いた糖鎖解析
  • 蛍光ラベル化単糖組成解析
  • NMRを用いた糖鎖解析
  • 糖誘導体合成と糖鎖合成
  • タンパク質品質管理